トップページ > お葬式の豆知識
経験豊かなスタッフ ご葬儀を心を込めて 執り行います。

お葬式の豆知識


大切な方への偲ぶ “ まごころ ” を大人として表現したい

長い人生には予期せぬ出来事が待ち受けているものです。

その中でも「死」ほど突然にやって来るものはありません。そして、人の死はその人の全ての人間関係、その人に属した権利や義務の終りでもあります。ですから、昔から、お葬式については、たくさんのしきたりやマナーがつくられてきました。

しかしながら、どんなしきたりやマナーといえども時代とともに少しづつ変化していくものです。本編はまず、喪主側に立った場合と、会葬者側に立った場合に分けて述べています。

そして、「このような場合はどうしたらよいか」というような困った時の「困った編」と、知っておくとより便利な関連情報を掲載した「コラム編」も載せております。

それでは、あなたの都合に合せて適宜ご利用いただければ幸せです。

流れ
喪家側が行うこと
危篤
●近親者、親しい友人に連絡
御臨終
●清拭と死化粧
●寺院に連絡
●互助会・葬祭業者を決定、連絡
●御自宅または葬儀の式場へ遺体の搬送
御葬儀の準備
●喪主の決定
●葬儀の方針を決定
●互助会・葬祭業者と打ち合わせ
●御葬儀の日程の決定
●親族・友人・知人・勤務先への御連絡
●死亡届の提出
●式場の準備
●手伝いの依頼
●納棺
●喪服の準備
御通夜
●僧侶の接待
●通夜ぶるまい、喪主などのあいさつ
●僧侶や互助会・葬祭業者と葬儀の打ち合わせ
御葬儀
●席順、準備の確認
●喪主などのあいさつ
●会葬礼品の用意
●御出棺
火葬
●火葬場へ
●拾骨
●留守番の人は遺骨迎えの準備
直後の儀礼
●還骨勤行、初七日法要
御会食
●精進落とし
●手伝いをねぎらう
●係からの引き継ぎ
御納骨
●墓所を入手
●納骨
忌明け
●四十九日法要
●香典返し
●後かたづけと形見分け

ページのTOPへ

葵は全て一貫 ご葬儀 自社斎場完備 24時間・お問合せフォーム